Y!mobileは格安SIMじゃない?カケ放題をお得に使う方法教えます!

  • 2020年4月19日
  • 2020年5月1日
  • スマホ
  • 28View
  • 0件

月々の携帯料金を安く抑えたい!でも、混雑する時間帯に速度が低下するのは嫌という方は多いと思います.

 

私もいくつか格安SIMを使ってきましたが、昼や夜の混雑する時間帯での使用は厳しいものがありました。

 

数ある格安SIMの中でもY!mobileは混雑する時間帯でも通信速度が低下せず、他のキャリアのSIMと遜色なく使用する事が出来ます。

 

実際、私もY!mobileのSIMを契約し、ある方法で24時間通話し放題をお得に利用しておりますので、その方法をお教えしたいと思います。

 

目次

Y!mobileは格安SIMの中で別格

Y!mobileは格安SIMとして他のMVNO(仮想移動体通信事業者)とよく比較されていますが、Y!mobileはMVNOではなくMNO(移動体通信事業者)になります。

 

MVNOとMNOとの違いは自社の通信設備を持っているかどうかです。

 

MNOは自社の通信設備を持っているのに対して、MVNOはMNOから通信設備を借りる事でサービスを提供しています。

 

Y!mobileはソフトバンクグループとして自社の通信設備を使用しているため、MVNOには当たらない事になりますが、価格が安く、ソフトバンクのサブブランドという位置付けから、格安SIMとして良く他のMVNOと比較されます。

 

Y!mobileの料金プランは3種類

Y!mobileの料金プラン

Y!mobileの料金プランはシンプルで、データ通信量により3つに分かれています。

スマホベーシックプラン S M R
月額基本料金 2,680円 3,680円 4,680円
新規割
(契約翌月~6カ月間)
△700円
おうち割光セット △500円
家族割(2回線目以降)
データ通信容量 3GB⇒4GB(1年間) 9GB⇒12GB(1年間) 14GB⇒17GB(1年間)
通話料金 10分以内無料

 

 

適用される各種割引

新規割

新規割で契約翌月から6カ月間は基本料金から700円引きで利用できます。

 

契約初月から適用されるわけではないので注意が必要です。

おうち光割と家族割(併用不可)

また、家の固定回線をSoftBank光にするか、SoftBank Airを契約する事で1回線目から毎月500円が割引され、家族割の場合は2回線目以降が毎月500円割引されますが、併用は出来ません。

 

家族割は同一世帯である必要なし

Y!mobileの家族割は、離れた場所に住む家族にも適用されます。

 

ただしその場合には、それぞれの本人確認書類の他に下記いずれかの家族確認書類で発行から3カ月以内の原本の提出が必要になります。

 

本人確認書類は以下のものになります。

・戸籍謄本
・住民票記載事項証明書
・同性のパートナーシップを証明する書類

 

おうち光割は固定回線に解約料がかかるので注意が必要

携帯料金の解約料が上限1000円になった事をご存じの方は多いかと思いますが、実は固定回線については依然として高い解約料のままになっています。

 

なので、携帯各社はこの固定回線とセット割引を契約させることで、実質的に解約をさせないようにしています。

 

固定回線の切り替えは携帯を変えるよりも手間がかかりますので、割引を受けれると思って固定回線を切り替えた場合、他社で良いプランが出た場合にスマホを変えようとしても、固定回線の解約料がネックをなる事がありますので、固定回線の変更は慎重に検討して下さい。

 

スーパーだれとでも定額で24時間カケ放題

Y!monileの3つのプランにはどれも1回あたり10分以内の国内通話無料がついています。

 

10分を超過した場合は、その超過分について30秒につき20円の通話料がかかります。

 

大手キャリアでも5分以内の通話無料が多い中、10分無料というのは嬉しいところではありますが、10分を超えそうな場合はかけなおしたりする手間がかかったり、気付かぬうちに10分を超えると余計な通話料がかかる心配ります。

 

そういった事にならないよう、Y!mobileにはオプションで『スーパーだれとでも定額』が用意されています。

 

スーパーだれとでも定額は月額1,000円で、時間の制限なく24時間国内通話が無料になりますので、電話をよくかける方にはオススメです。

 

データ増量オプション

データ増量オプションは月額500円でプランに応じてデータ容量を増量できるオプションになります。

 

1回500MBのデータ容量の追加をプラン毎の上限回数分まで無料になります。

 

プラン事のデータ増量分は以下の通りとなります。

 

プラン 基本データ容量 データ増量分 無料データ追加回数
S 3GB 1GB 500MB×2回
M 9GB 3GB 500MB×6回
R 14GB 3GB 500MB×6回

 

 

同じオプション料金ですが、プランSとM、Rとで追加される容量が違いますので、このオプションを利用する場合はプランM以上の方がお得になります。

 

また、このデータ増量オプションは初月無料となっており、下で解説するデータ増量無料キャンペーン2で1年間は無料で利用する事が出来ます。

 

Y!mobileで開催中のキャンペーン

ご加入特典(PayPayでネットショッピングがおトク!)

・キャンペーン期間

 2019年10月1日~終了未定

 

期間中にY!mobileで契約するとPayPayボーナスが300円分もらえます。

 

この特典については自分でPayPayアプリを入れて受け取る必要があります。

 

受け取り期限が契約月の翌月末までで、PayPayボーナスの利用期限が取得から60日以内となっています。

 

PayPayは公式のショッピングサイト他、コンビニ等でも利用可能となっておりますので、忘れずに受け取って利用して下さい。

 

データ増量無料キャンペーン2

・キャンペーン期間

 2019年11月29日~終了未定

 

 

上のデータ増量オプションでも触れましたが、このキャンペーンはデータ増量オプションが1年間無料で無料で利用が出来るものになります。

 

データ増量オプションは初月無料の為、契約翌月からこのキャンペーンの適用となりますので、13カ月間無料でデータ増量オプションを利用出来ることになります。

 

注意が必要な点として、データ増量オプションの無料期間が終了した際に、不要と感じた場合にはデータ増量オプションの解約が必要になります。

 

解約をしないと月額500円かかりますので、不要な方は忘れずオプションの解約をして下さい。

 

ワイモバ学割

・キャンペーン期間

 2019年11月29日~2020年6月1日

 

使用者が5歳以上18歳以下の場合、スマホベーシックプランM/Rの基本料金を13カ月間1,000円割引してくれます。

 

スマホベーシックプランSには適用されません。

 

イメージとしてはプランSの料金でプランMを、プランMの料金でプランRを使えると思って頂ければ分かりやすいかと思います。

 

使用者は契約者とは別に指定できますので、契約者は保護者の方で使用者を子供にすれば適用が受けられます。

 

この学割キャンペーンの良いところは、学生本人に限らず、その家族にまで適用出来る点です。

 

家族に1人ワイモバ学割が適用出来る人がいれば、その家族全員に適用されるので、もし家族に学生がいらっしゃる場合にはオススメのキャンペーンになりますので、積極的に活用しましょう。

 

60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン

・キャンペーン期間

 2018年8月9日(木)~終了未定

 

こちらは使用者が60歳以上のスーパーだれとでも定額が無料で使えるキャンペーンになります。

 

スーパーだれとでも定額は月額料金が1,000円かかる為、無料で24時間かけ放題が使えるこのキャンペーンは電話をよくする方には嬉しいキャンペーンです。

 

こちらもワイモバ学割同様、契約者とは別に使用者を設定出来ます。

 

また、キャンペーン名の通り契約期間中はずっと無料で使えます。

 

携帯の割引サービスは期間が定められているものが多いので、ずっと無料で使える割引サービスは珍しいです。

 

 

ただし、このキャンペーンの適用を受けるには年齢が60歳以上である事の他に指定機種であるかんたんスマホを購入して契約する必要があります。

 

もしかんたんスマホで問題なければこのキャンペーンの適用を受ける事が出来ますが、かんたんスマホは使いたくない、または他の機種で契約した場合には適用を受ける事が出来ませんので、ご注意下さい。

 

ただし、このキャンペーンを使った裏技がありますので、それはこのページの下の方で解説させて頂きます。

 

YouTube Premium 3ヵ月無料キャンペーン特典

・キャンペーン期間

 2018年12月13日(木)~終了未定

 

Y!mobileの回線のSIMカードを挿入した端末(Android、iPhoneどちらも可)から YouTube Premium に申し込みをした場合に、3ヵ月無料で利用出来るキャンペーンになります。

 

YouTube PremiumはYouTubeを広告なしで再生したり、YouTubeを保存する事でネット環境なしで見る事が出来たり、バックグラウンドで再生出来たりと、無料のYouTubeに比べて非常に使い勝手が良くなります。

 

3カ月という期間限定ですが、YouTube Premiumを試してみたい方は是非ご利用してみてはいかがでしょうか。

 

ただし、3カ月を過ぎた後は月額1,180円がかかりますので、継続する気がなければ解約を忘れないようにご注意下さい。

 

PayPayモールで最大15%相当が戻ってくる

・キャンペーン期間

 2020年4月1日~終了未定

 

PayPayモールで買い物をした際にポイントが最大15%相当戻ってくるというキャンペーンですが、15%の還元を受けようと思うと別途『Enjoyパック(月額500円)』に加入する必要があります。

 

Enjoyパックに加入すると毎月PayPyモールで利用出来る500円分のクーポンが貰えるほか、パケットが500円分(500MB)が貰え、さらにYahoo!ショッピングとPayPayモールで買い物をした際のポイント還元率が5%上乗せになるという特典がついています。

 

ポイント還元率についてはYahoo!ショッピングが最大10%、PayPayモールが最大15%になるので、Yahoo!ショッピングやPayPayモールを良く利用される方は加入する方がお得です。

 

Y!mobaileのメリット・デメリット

Y!mobileのメリット

公式オンラインストアで契約すると、契約事務手数料と配送料が無料

Y!mobile公式オンラインストアで契約すると、事務手数料3,000円が無料になります。

 

また、スマホやSIMカードも無料で配送してくれるので、店頭で契約するよりオンラインストアでの契約がオススメです。

 

公式オンラインストアはこちら

Yahoo!プレミアム for Y!mobileに無料で加入できる

Y!mobileを契約すると通常月額462円のYahoo!プレミアム会員に無料で加入する事が出来ます。

 

Yahoo!プレミアム会員になれば、PayPayモールやYahoo!ショッピングでの買い物時のポイント還元が+4%されます。

 

その他、雑誌・マンガが読み放題になる読み放題プレミアムやYahoo!かんたんバックアップが容量無制限で使えるなど、様々な特典が受けられます。

 

通常だと有料のサービスが、通信料にコミコミで余計なオプション料金を払う事なく利用出来るのは嬉しいところです。

 

子回線とのデータシェアが可能

Y!mobileは1回線につき最大3枚までSIMカードを発行する事が出来、親回線のデータ容量を子回線とシェアする事が可能です。

 

発行されるSIMカードは通話が出来ないデータ専用のSIMになりますが、SMS機能が付いています。

 

これを利用すれば、子供に持たせるタブレットなどで新たに回線を契約せずに、親が契約したデータ容量をシェアして使用するなどの使い方が出来ます。

 

Y!mobileのデメリット

家族間で別回線のデータをシェアする事が出来ない

Y!mobileはメリットにも書いた通り、同じ契約上の別SIMであればデータ容量のシェアが可能ですが、契約毎のデータ容量になりますので、家族割を組んでいる回線であっても、データ容量をシェアして使う事が出来ません。

 

データ容量の繰り越しが出来無い

Y!mobileは他のMVNOでよくあるようなデータ容量の翌月繰り越しに対応しておりません。

 

今月はデータ容量が余ったからといって、次の月は多く使えるという事にはならないので注意が必要です。

 

取り扱い端末のラインナップが弱い

Y!mobileは取り扱い端末がのラインナップが弱いです。

 

正直、Y!mobileでオススメ出来る端末はないです。

 

Y!mobileではSIMのみの契約をして、他でSIMフリーのスマホを買う方が良いです。

 

Y!mobileでお得にスーパーだれとでも定額を利用する方法

60歳以上通話ずーっと無料キャンペーンは、身内に60歳以上の人がいれば誰でも使える

Y!mobileには料金が安くなるキャンペーンが上で書いた通り、料金が安くなるキャンペーンが開催されています。

 

ワイモバ学割でも安くなりますが、これについては期間限定になり、13カ月を超えると通常料金に戻ってしまいます。

 

これとは別の期間が定められていないキャンペーンが『60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン』になります。

 

この『60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン』では、契約者と使用者を別で設定できる事は上にも書いた通りですが、これを利用すると例えば携帯料金は自分のクレジットカードで払う為に自分を契約者とし、使用者を60歳以上の親や祖父母にして契約し、そのかんたんスマホのSIMを他のスマホに差し替えて使用するといった事が出来ます。

 

実際に私も自分を契約者、親を使用者にしてかんたんスマホを購入し、そのSIMを別のスマホに差し替えて使用していますが、特に制限はされておらず、60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーンが適用されています。

 

何度も10分を超えて通話していますが、一度も超過分の通信料金の請求がきたことはないです。

 

この方法だと、かんたんスマホの本体代を支払う必要がありますが、その支払いが終わった後は完全に無料でスーパーだれとでも定額を利用出来ます。

 

気になる本体代ですが、新規契約やドコモ・auからのMNPの場合は32,400円で36回払いを選択すれば月々900円(税込)と、スーパーだれとでも定額の1,100円(税込)に比べて200円割安になります。

 

これがソフトバンクからの乗り換えだと本体代が上がって月額1,300円と、逆に200円割高になってしまいますが、支払終わればオプション料金がかからないので、長く使えばお得になります。

 

以下が実際に新規契約かドコモ・auから乗り換えをした場合とソフトバンクから乗り換えをした場合の月額料金になります。

 

どちらもプランSで新規割適用の場合です。

 

新規契約またはドコモ・auからの乗り換えの場合

ソフトバンクからの乗り換えの場合

 

さいごに

Y!mobileはとにかくスマホ代を安くしたいという方にとっては少し高くなりますが、3大キャリアからの乗り換え先としては、コスパが良く、遜色なく使えるので、とてもオススメです。

 

格安SIMは数多くありますが24時間カケ放題が使えるところは少なく、また、実質無料で使えるY!mobileは使い勝手と通信費の節約の両方を満たしてくれるので、乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか?

 

Y!mobileの公式ページはこちら

 

 

最新情報をチェックしよう!