オーダーメイド枕は必要ない?寝る姿勢別のオススメ枕を紹介

オーダーメイド枕を求めて専門店で購入したとしても、いざ自宅で寝てみると何か違う。

 

そんな経験をした人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

オーダーメイド枕は基本的に仰向けで寝る事を想定して作りますが、自分が寝やすい姿勢が仰向けとは限りません。

 

自分がいつも寝ている時の姿勢を思い浮かべて下さい。

 

仰向け?横向き?うつぶせ?

 

どの寝姿勢が良いかは体型や体質、持病などにより異なる為、必ずしもこの姿勢でないとダメという事はありません。

 

寝ている間は寝返りもしますので、寝やすい姿勢で寝て、スッキリとした目覚めを感じる事が出来るのが一番です。

 

オーダーメイド枕はキッチリ計測して枕を作りますが、家で寝るときに計測時と同じ硬さのマットレスを再現しようとすると、枕以外の寝具も購入する必要が出てきます。

 

また、計測時と同じ姿勢で寝ようと意識する事で、逆に眠れないようになる事もあります。

 

寝やすい姿勢は人それぞれ違いますので、寝る姿勢ごとのメリット、デメリットを紹介するとともに、それぞれの姿勢別にオススメの枕を紹介します。

 

仰向け

仰向けで寝る事のメリット

ゼロポジションが取れる 

寝るときの姿勢で理想的な姿勢は、自然に立った状態と同じ状態で寝ることです。

自然と立った状態(ゼロポジション)では背骨がなだらかなS字カーブになっており、体に余計な負荷がかからない為、理想的な状態であり、寝るときもこのゼロポジションを意識すると、肩こりや腰痛の改善に繋がります。

 

肌荒れしにくくなる

仰向けで寝ると肌呼吸が遮られる事がなく、枕やシーツが顔につかない為、肌荒れがしにくくなります。

 

仰向けで寝る事のデメリット

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の方は注意が必要

仰向けで寝ると重力により舌が下がり、気道が狭くなる為、いびきをかきやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群は放っておくと眠気による事故の危険だけではなく、生活習慣病のリスクも高まります。

 

マットレスが合っていないと腰痛の原因に

体圧分散がしっかりされていないマットレスを使用すると、腰へ負荷がかかる為、腰痛の原因になります。

 

体圧分散に優れたマットレスについてはこちらの記事をご覧ください。

【サブスク】Vibrato1(ビブラート1)ワンランク上のマットレスで睡眠の質を上げる!

 

仰向けで寝る場合にオススメの枕

Dr.Layer
4.56

Dr.Layerはこれまでのオーダーメイド枕の常識を覆す枕で、スマホアプリを使って自宅で簡単に高さ調整が可能。実際に使ってみて合わなかった場合でも、何度でも高さを調整する事が出来るので、これまでオーダーメイド枕を買って満足出来なかった方でも、Dr.Layerを使えばこれまでにない爽快な目覚めを体感出来ます。

口コミ

40代・女性

以前からオーダーメイド枕に興味はありましたが面倒くさいというイメージもあり、なかなか購入する機会がありませんでした。この枕はお店に行かなくても簡単に自分に合う高さに調整できるし、実際に眠って試せるのがとてもよいと思いました。
以前は朝起きたときに疲れが残っていたり、だるかったりすることが多かったのですが、この枕に変えてからは熟睡できるせいかスッキリ起きれるようになりました。やっぱり枕って大切なんですね!。


30代・男性

自分の体に合わせた高さにするってこんなに気持ちいいのかと思いました。起きた朝が変わりました。
今までは高反発のフワフワしたような感覚の枕を使ってて首や肩が凝ってたんですが、この枕を使い出してからだんだん肩や首が軽くなってきました。
スマホで枕の高さを調節するのも簡単に出来ましたし、実際は3日位調節しながら過ごすのがいいと思うんですが、「あー、これ」っていう高さに合えば本当に快適です。
使ってすぐに治るわけではないし、徐々になんでしょうけど、前の枕には戻れないようになってます。

 

Techogel Sleeping
4.7

Technogel Sleepingは他の低反発枕とは違い、どんな形状にも変化するジェル素材を採用する事で極上のフィット感を得る事が出来ます。また、優れたフィット感に加えて体圧分散にも優れているので、枕難民で肩こりや首こりに悩まされている方は是非使用してみて下さい。仰向けだけでなく、横向きにも対応しております。

口コミ

70代・男性

大きさ、形態、思ってた通りで大変寝心地が良く気に入っています。
あまりきれいなんで汚すのが心配でタオルをかぶせて寝ています。
やはり替えのカバーが一枚あるといいですね。それまで使っていた枕も
同じ会社のものでなかなか良かったですがやはり今回の方が一枚上手ですね。
今夜もぐっすり眠れそうです。


60代・男性

今までは、低反発のウレタンチップを詰め込んだ枕を使用していました。
形を自由に変えられるのが 利点でもあり欠点でもあり、また、何よりへたり易いので 安定的に安眠できていないと感じるようになり、いい枕が欲しくなりました。
そこで、インターネット情報からいろいろ検討して この枕を選択し、枕カバー付きでの値段を比較して ねむりねこさんに辿り着きました。
自分の身長から、9cmを購入し、使用し始めて約2か月経ちます。
頭を乗せた時の沈み込み加減は心地よく、私の場合、枕の下面側に二つ折りのタオルを合わせて枕カバーの中に入れると、ちょうどいい高さになります。 枕の両側が少し高くなっているので、寝返りをうって横向きになってもいい感じです。
寝る前に 枕の形を整える等の儀式の必要もなく、即 睡眠体勢になれます。
朝まで質の良い睡眠が取れていると感じており、良い買い物をしたと 満足しています。

 

横向き

横向きで寝る事のメリット

呼吸がしやすくいびき改善に

横向きの場合、仰向けと違い舌が落ち込んで気道が狭くなることがないので、呼吸がしやすくいびきや無呼吸症候群の改善にも繋がります。

 

アルツハイマーの予防になる

横向きで寝る事で脳のゴミが効果的に排出される事が研究により明らかになりました。

 

その為、仰向けやうつぶせではなく、横向きで寝る事がアルツハイマーの予防に最も適しています。

  

横向きで寝る事のデメリット

肩へ負担がかかりやすい

仰向けと違い、横向きで寝る場合には肩に負担がかかります。

 

その為、横向きで寝ると肩こりの原因になる事があります。

 

逆流性食道炎のおそれがある

逆流性食道炎になると食道に胃酸が逆流し、胸やけなどにより眠れなくなる場合があります。

 

これは特に右側を下にする場合に胃酸が逆流しやすくなりますので、横向きで寝る場合は左側を下にした方が良いでしょう。

 

横向きで寝る場合にオススメの枕

YOKONE3
3.88

YOKONE3は名前の通り横向きに寝る為の枕になります。名前の『3』という数字はYOKONEをお客様の声を取り入れバージョンアップした際の数字になります。この枕は特許申請中の技術により頭・首・肩・腕の4点を支え、快適な睡眠をサポートしてくれます。9cm~12cmまでの高さ調整も可能なので、自分に合った高さを見つければ快適な横向きで睡眠を取る事が出来ます。

口コミ

50代・女性

ずっと肩・首こり、腰痛に悩まされていました。特に寝起き後、咳をするのも苦痛なぐらい腰が痛く、特に寝過ぎた時は酷かったです。マットレスが合わないと思い込んでいましたが、もしかして枕が原因かもとネットで色々調べ、この枕をダメ元で購入しました。でも効果はすぐに現れ、寝起きの腰痛が嘘のようになくなりました。肩・首のこりもマシになり、気持ち目の腫れもすっきりした感じです。本当にずっと辛い思いをしていたので、もっと早くこの枕を使用していたならと思いました。人によって合う合わないがあると思いますが、私は本当に購入して良かったと思います。そして毎朝、寝起きのスッキリを痛感しています。


50代・男性

本当は硬めの枕が好みだったので、ウレタン系=柔らかいイメージがしてなかなか購入に至らなかったのですが思い切って購入しました。
使用してみた感想は、結構いい感じ。
イビキ録音アプリでもイビキが激減してます。一番実感している事は、昼間に眠くなる事が減ったことです。
買って良かったです。ホント。

 

YOKONE Classic
4.22

YOKONE3は高くて手が出ないという方、またはYOKONEはYOKONE Classicをオススメします。価格はYOKONE3の3分の1程度にもかかわらず、特許申請中の頭・首・肩・腕を支える独自技術はYOKONE Classicにもあります。価格が安いので、プレゼントにも最適です。

口コミ

40代・男性

いびきがひどく、睡眠時無呼吸症候群の予備軍的な状態の私ですが、妻に促されて半信半疑でこの枕を購入しました。
使用してみて、横向きで寝てみると、自分と枕が合っているのか、案外楽で気持ちよく、ぐっすりと眠ることができました。妻に聞くと、普段よりいびきが少なく静かだったとか・・・
人間と枕の相性は大事なんだと、つくづく思い知らされました。


50歳・男性

 

このマクラは自然と横向きで寝るように作られていて、夜中に無意識に仰向けになって寝ていると、楽な横向きへ自然と誘導されます。そのため、イビキはほとんど発生しなかったそうです。今まで、様々なイビキ対策をしてきましたが、効果がすぐに実感出来るのは初めてです。購入時に値段の高いマクラと比較しましたが、この値段でこの効果はとても満足です。また、首や肩への負担も少なく、寝起きもスッキリした感じがします。これからも長く愛用したいと思います。

 

うつぶせ

うつぶせで寝ることのメリット

いびきや無呼吸症候群の改善に

うつ伏せで寝ることの最大のメリットはいびきや無呼吸が改善されることです。

こちらも、横向き寝と同様に、舌が下がって気道が狭くなるという事がない為、うつ伏せで寝るだけで無呼吸症候群が改善されます。

 

自律神経を整え、リラックス効果も

うつぶせで寝ると胸が圧迫される事により横隔膜が下がり、腹式呼吸に自然となります。

腹式呼吸をすることにより、副交感神経が刺激され、自律神経を整えてくれます。

これにより、心身共にリラックス効果を得ることが出来ます。

 

うつぶせで寝ることのデメリット

目が覚めた状態では胸式呼吸に

寝る直前までパソコンやスマートフォンに夢中になっていると、交感神経が優位なままになり、腹式呼吸に変わらず、胸式呼吸になってしまいます。

この結果、胸が圧迫され寝苦しくなる事も。

 

身体の歪みの原因に

首が一方に固定される為、首への負担が大きく、コリの原因になります。

また、顎への負担が仰向けに比べて大きい為、顎関節症やO脚の原因になることも。

 

うつぶせで寝る場合にオススメの枕

FUSERO3

うつぶせで寝るならFUSERO 3がおススメです。真ん中が開いている独特な形状ですが、おなかへの圧迫感がなくなり、うつぶせでも快適な眠りをサポートしてくれます。また、うつぶせだけでなく仰向け、横向きでも寝る事が出来る形状になっています。FUSER 3は丸洗い出来るのもうれしいところです。

口コミ

30代・女性

産後腰痛が酷く、どの向きで寝ても朝になると腰が痛かったんですがこの枕にしてからだいぶ楽になりました。
うつ伏せ、横向き、仰向けどの姿勢で寝るにもこの枕は最適です。
値段が値段なので悩みましたが、通販で買ってよかったと思う1位です。


50代・男性

低反発やパイプの枕を使用していましたが、うつ伏せ寝による慢性的な肩こりで困っていました。3晩この商品を使ってみましたが、以前よりも寝付きが良くなり、肩こりも気にならなくなってきました。高価ではありましたが、期待以上の効果が得られて大満足です。

 

最後に

寝る姿勢は人それぞれですが、どの姿勢で寝るにもメリット・デメリットはあります。

 

深く考えすぎず、寝やすい姿勢で寝る事が一番大事になります。

 

その時には、枕やマットレスなど自分に合ったものを使わなければ身体に異変をきたすこともあるので、しっかりと自分に合ったものを使うようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!